Biography

松本 えつを Etsuwo Matsumoto

1975年生まれ、東京都出身の女性絵本作家、イラストエッセイスト。

日本大学芸術学部卒業後、編集プロダクション勤務、牛乳配達員を経て、1998年10月 サンクチュアリ出版入社。1999年2月 同社副社長に就任。その後、編集部内で主に女性向けイラストエッセイ等を手掛ける傍ら、いくつかの出版社より自著を出版。また自著に登場するキャラクターの定例個展や描きおろしイベントを開催。2005年 役員を降り、フリーランス契約に。2007年 完全独立し、デザイナー・筆者・イラストレーター・出版プロデューサー等の領域で本づくりにおけるマルチプレイヤーとして活動。
2009年9月、絵本作家の養成+プロモーション活動の担い手である「東京クリエイターアカデミー(現ウーマンクリエイターズカレッジ)」(現在の「ウーマンクリエイターズカレッジ」)を設立。専属講師に就任。現在までに卒業した女性クリエイター、アーティストは60名以上にのぼる。絵本で世界を変えられると本気で信じるアーティストたちを率い、創作活動に励む日々。

著書として『ユメカナバイブル』(ミライカナイブックス)、『しゃらしゃらDays』『ぼさぼさ』『バンザイ』(以上、サンクチュアリ出版)、『らんまるOnly One』(ポプラ社)、『へこみさん』『おめでとう、1歳。0→1(ゼロワン)』(以上、大和出版)、『Girls, Be・・・ (YA心の友だちシリーズ)』(PHP研究所)、『美しくなる人生。』『空とぶ化学者とバウムクーヘン』『空とぶ化学者とチョコレート〜アリバとフォラスの大冒険』『空とぶ化学者とベリー』(以上、えびばで号)等。また、デザインやイラスト、アートディレクション、企画プロデュース等の関連書籍として『ひらく言葉』(武田双雲 著/河出書房新社)、『キミが、たいせつ。』(326ナカムラミツル 著/PHP研究所)、『いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。』(326ナカムラミツル 著/サンクチュアリ出版)、『もう、「イヤな気持ち」にふりまわされない! ―こころがラクになるセルフサポートコーチング』(奥田弘美 著/大和出版)、『最後だとわかっていたなら』(ノーマコーネット マレック 著/佐川睦 訳/サンクチュアリ出版)、『むらのおいしゃさん ブルーナ』(ゆきリンダ 著)、『OMOIYARIのえほん』(藤田恵美 文/ミライカナイブックス)、『ガールズ・バイブル』(ETSUKO 編著/同上)を始めとする「女子コトバシリーズ」等、多数。自著のリトルプレスとして、『TOKYO HANDS』『ちこらとよつばのクローバー』、『ガールズビー』(PHP研究所)等。